キッチン・水回り

お皿の包み方

引越しの際にお皿を梱包するにはちょっとしたコツがあります。

安いお皿も高いお皿もどちらも割りたくありませんよね。
少し手間ですが上手に梱包する方法を紹介します。
お皿は1枚1枚それぞれを梱包しましょう。
枚数が多いとついつい2・3枚くらいまとめて包みたくなりますが、これではお皿同士がぶつかったときに割れやすいのです。
必ず1枚ずつ包むようにします。100円ショップのお皿が多く手間の少なさを優先するならお皿とお皿の間に1枚紙を挟みこむだけでも違います。
まず1枚の新聞紙を用意し、お皿を真ん中に置きます。
四隅から順番に内側に折込みます。少し紙が大きいようなら左右にずらして上手く巻いていきましょう。
ダンボールにはお皿を立てると新聞紙のクッションが作れ、振動でも割れにくくなります

茶碗の包み方

茶碗を引越し用に梱包する際には、お皿と同様の方法です。
1つずつ丁寧に新聞紙でくるんでいきます
四隅から真ん中に向かって四方を寄せ、真ん中のくぼんだ箇所にくしゃくしゃとした新聞紙を詰めるだけです。
ダンボールに詰める場合は数個重ねて、伏せて入れると振動でも壊れにくくなります。
茶碗の場合は1個が小さいため、ダンボールの中で泳がないようにするのがコツです。
最初にダンボールの底に新聞紙を丸めて入れ、そして順番に茶碗を入れていきます。最後に隙間に丸めた新聞紙を入れて終了です。
きっちりとダンボールに詰めると割れにくいため、茶碗の数が入りきる小さめの箱を用意することをおすすめします。
あまり大きいものにたくさん詰めると、茶碗が泳いでしまうのです。

コップの包み方

コップは口の部分が割れやすいため1個ずつ丁寧に梱包しましょう。
同じ形のコップがあっても2個同時に包むようなことは避けるのが無難です。
まずグラスのようなシンプルな形のものの包み方です。
新聞紙の真ん中にコップを置き、四方から紙を寄せて真ん中のくぼみに入れます。
紙が多すぎる場合は半分にカットするなど対処してください。

 

次に割れやすいワイングラスなど足が付いたものの包み方です。
まずは足周辺にぐるぐると柔らかく新聞紙を巻きつけます。
大体胴体と同じくらいの太さになるよう調節します。
後は通常のコップと同様で全体を包み込んでできあがりです。
持ち手があるコップもおなじように割れやすい部分から梱包し、最後に全体を包むと良いでしょう。

食器の段ボールの詰め方

食器類をダンボールに入れる前に新聞紙を丸めて緩衝材を作っておきます。
底にある程度敷き詰めてから、1つずつ包んだお皿類を入れていきましょう。
緩衝材はお皿同士が動いてぶつからないようにしたり、床にダンボールを置いた際の衝撃を和らげる働きがあります。
お皿は1枚ずつ新聞紙で包んだら数枚セロテープでまとめると良いでしょう。
その上でダンボールに立てて入れると衝撃が伝わりにくくなります。
入れる際にはダンボールに隙間無く入る量を計算しましょう。
小さい箱に少しずつ詰めた方が持ちやすく、食器も隙間無く詰めれるためおすすめできます。
茶碗のような丸い食器類は反対側に向けて寝かせると良いでしょう。
新聞紙が足りない、食器が汚れるのを避けたい方は使用中のタオルを緩衝材にすることもできます。
タオルの収納と緩衝材の2役となり便利です。

調味料の荷造り

引越し前までに調味料類は使い切るのがベストですが、全て無くすのは難しいため新しい家に持っていきましょう。
できるだけ新品を買わない、ある物で済ますと荷物が減らせます。
どうしても余ってしまった調味料は工夫しながら梱包してみて下さい。
ダンボールに大きめのゴミ袋を敷いてから調味料を入れておくと、万が一漏れても染み出てきません。
醤油や油など大きなものは立てて、できるだけ隙間を防ぐように間に新聞紙を詰めます。
塩や砂糖など袋タイプのものはゴムで束ねてから透明の袋に個別に包んで入れましょう。
万が一漏れても袋の中だけで被害が済み捨てなくて良いのです。
そして注意したいのがタレ類やマヨネーズなどのチューブタイプです。
冷蔵保存のものは最後に別に梱包してまとめて袋に入れて運んだほうが楽です。

冷蔵庫の注意点

冷蔵庫の荷造りは幾つかの注意点があります。
食品類は事前に取り出し、腐りやすいものは処分すると良いでしょう。
半日から1日は冷蔵庫が使えない状態となるため、特に夏季には生ものは食べ切るようにしましょう。
冷凍庫にある製氷皿の氷は捨てておきます。
冷蔵庫は前日までに霜取りをします。
コンセントを抜き翌日に水が溜まっていないかチェックしてください。
受け皿に水があれば捨てるだけで排水できます。
全ての霜が溶けきるには半日以上かかるため、余裕を持ってコンセントを抜くことをおすすめします。
引越し当日の梱包は業者さんが周りを毛布などでくるんでくれます。
運搬中にドアが開かないよう剥がれやすいテープで貼り付けておくと安心です。

洗濯機の注意点

洗濯機は前日までに水抜き作業が必要です。
引越し業者に依頼する際は無料で当日にやってくれるのか、前日までに自分でやるのかは確認しておいて下さい。
水抜きは給水ホースに繋がっている蛇口を閉め、ホースを外して水を抜いておきます。そのままふたを閉めて脱水を1分位すれば完全に水が抜けます。
最後に排水ホースに溜まった水も流しホースを外して終了です。
ホース類やコードなどは外れるものは別途保管しておくと紛失や損傷の危険がありません。
コード類なら本体にガムテープで貼り付けても邪魔にならないでしょう。
洗濯機の準備はこれで終了です。
洗濯機本体の梱包は業者さんが専用の梱包材でつつんでくれます。
個人がプチプチなどで包む必要はありません。

 

>>すぐに一括見積りを依頼する