寝室・子供部屋

ベットの注意点

ベットは引越しの際に分解できるか確認しましょう。

大抵のベットは2つに分類できますが、ウォーターベットなど特殊なものは注意が必要かもしれません。
分割できるベットは上下2つ以上にわかれるものが多いようです。
止め具で止まっており、ベットフレーム・頭・足などに分類できます。
もしわかりにくく分解できないようなら引越し当日に業者さんにお願いしても良いでしょう。
その場合は分解費用がかかるか確認しておいて下さい。
解体できないベットは本体がかなり大きくなるため運び出し、搬入の両方が可能か確認する必要があります。
今の家からは出ると思いますが、運搬のトラックに入るのか?また新居の玄関や窓から入るのかが問題です。
マンションでベランダから入れる場合はクレーン車を使うため別に料金がかかります。

布団の配送方法

布団は布団ケースに入れて運ぶのが一般的です。
一組ごとにまとめて収納できるため、家族の人数分用意しておけば良いでしょう。
無い場合は引越し業者さんが貸してくれたり、レンタルが可能な場合もあるため聞いてみて下さい。
普段使っていないお客さん用の布団やシーズンオフの布団類は別途収納することをおすすめします。
ホームセンターなどに売られている布団圧縮袋が便利です。
袋に布団を数枚入れ、口をジッパーで止めてから掃除機で中の空気を吸いだします。
最後に口をしっかり閉じれば逆流せずにペッちゃんこなままで運ぶことができるのです。
引っ越した後はそのままの保管も可能です。
いつも使っている布団は湿気を吸っているため長期間袋に入れるのはおすすめできないのですが、お客さん用なら問題ないでしょう。

洋服の荷造り

衣類の荷造りはシーズンオフのものから少しずつ詰めると良いでしょう。
既に季節外の衣類は収納ボックスなどに詰めていればそのまま引越がOKです。
後は今の時期に着る衣類を徐々に梱包しておきましょう。
衣類はきちんと畳んでダンボールに入れると出した際にシワになりません。
スーツやスカートなどシワが気になる物は引越し業者さんが貸してくれるロッカータイプのダンボールを使うと便利です。
クローゼットから衣類を移すのみで良く手間がありません。
もし専用のものがなければ大きめのダンボールにハンガーごとふわっと重なるように入れます。
少し隙間が空くくらいに入れれば、出した際にシワが気になりません。
また、小さなタンスならそのまま入れっぱなしでもOKの場合があります。
引越し業者に確認し問題なければ梱包しなくて済みます。

おもちゃなどの小物

おもちゃは引越しの際に思い切って捨てるものと取っておくものを分類しましょう。
その上で梱包作業を始めると手間がありません。
年齢に合わないおもちゃ、壊れているもの、部品が紛失したものはどうするか良い機会ですから捨てるか決めると良いですね。
しかしどんなに大人がガラクタのように見えても、子どもにとっては宝物のものもあるため良く話し合った上で整理することをおすすめします。
次に梱包ですが小さいおもちゃ、大きいものなどそれぞれ分類すると便利です。
普段からおもちゃケースに分類してあるならそのままの形で運んだり、小さい入れ物は箱ごとダンボールに入れて運ぶと良いでしょう。
ぬいぐるみ類はゴミ袋にまとめて入れると軽くて運びやすくなります。

中身を記すと開封時に役立つ

引越しの際のダンボールには中身がわかりやすいよう内容を書きましょう。
赤いマジックなどを使うと目立ち、引越し業者さんも注意してくれます。
ポイントは衣類や食器、日用品など大まかな分類のほか、直ぐに使うものにはわかりやすく印を付けておきます。
「直ぐ開ける」などと記載しても良いでしょう。後で荷を解いても困らないもの、直ぐに必要となるダンボールをわけておくのです。
また割れやすいなど誰がみてもわかる注意点も記載しておくと便利です。
次に注意したいのが使いまわしのダンボールだとメモ書きが当てになりません。
引越しの際に前回とは違う色のマーカーで書いたり、以前のメモを消すなど一工夫してみて下さい。
転勤が多い家庭などはダンボールを使いまわし、何が入っているかわからない場合もあるようです。

 

>>すぐに一括見積りを依頼する